ごろ寝釣り

陽差しは暑いけれど窓から入って来る風は涼しくて良い感じ。夏の午前中、勘ちゃんはごろごろしながら本を読んでいます。今日は釣り関係の本みたい。佐藤垢石や山本素石等々好きな人は色々。井伏鱒二を筆頭に釣りをする人の文章って面白いらしい。実際の釣りは全然。沖縄ではじぇんじぇんと云いますのよ。沖縄に来た当座は海辺のお家だったので家の前で釣りの真似事程度はやっていたらしいけれど、勘ちゃんに釣れる程の魚は余り美味しくも無く、沢山釣れた時干物にしてみたらパッサパサで言葉も無く、ものすご無益な殺生をしている感じで止したみたい。そりゃあ油の乗ってない南方の魚を干したらねぇ......。今はもっぱら読む方であります。江戸前や明治の釣りを教えてくれる幸田露伴。大正から昭和に渡っての佐藤垢石、妙に呑気な戦前戦後の釣りを教えてくれる山本素石。その時代各々の釣り場や山川が見えるようで楽しいんだって。お気楽ねぇ。私は草刈りで大変なんですけど......。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

記事リンク