つる瀬の「墨丸」

先日湯島でのライブの際、勘ちゃんが知人からお土産でいただいたお菓子。ライブ会場であるMUSIC BAR 道のすぐ近所、湯島天神下にある老舗菓子屋「つる瀬」のものでした。前を通って老舗の佇まいにちょっと興味を惹かれていた勘ちゃん、いただいたお菓子は如何なるものか、早速そちらにも興味を持ち封を開ける。竹の蓋には筆書きで「墨丸」と書かれていて、何故か山本周五郎さんの「日本婦道記」の文面が添えてあった。「縁側の障子も窓のほうも、すでに蒼茫と黄昏の色が濃くなって庭の老松にはしきりに風がわたっていた。」山本周五郎さんと所縁があったのかな?などと云いながら蓋を開けるとびっくり!中には黒光りしたぷるんぷるんの物体がまぁるくひしめきあっていました。真ん中には和三盆糖が添えてあり、お好みでかける感じ。しかも和三盆糖を細かくきれいにふりかける為のふるいまで付いててこれまたびっくり!!
早速いただいてみました。ざっくり云えば黒糖味のわらび餅って感じ。でもねぇ、甘さも口触りも何とも上品で、この和三盆糖がまたいい感じで上品さをグレードアップ!
湯島に行く事があったらお土産におすすめよ!!喫茶室もあったからお店で食べる事もできるかもねぇ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

記事リンク