島田和夫氏への内田勘太郎弔意コメント

昨日憂歌団のドラマー島田和夫氏の突然の訃報が入りました。
ただただ驚くばかりで言葉もありませんでしたが、先程新聞社からの取材に対し内田勘太郎がコメントを発表しましたのでここに掲載させていただきます。

「島田君が亡くなった、と云う実感は有りません。ただ、島田君との楽しかったシーンばかりが思い起こされます。有難う島やん、お疲れ様。」


島田和夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この記事へのコメント

ジョン
2012年10月03日 19:44
ほんとにびっくりしました。
これでもう「憂歌団」の再結成?休止明け宣言はないのですね。
高校時代に文化祭で憂歌団を演るためだけにブルース好きが
集まってバンドを作って必死で耳コピしたのが懐かしいです。
もちろんおいらは勘太郎さんのコピーで・・・

島田さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
あんじ
2012年10月03日 21:13
信じられません。
本当に残念です。
もう、あの四人での勇姿が見られないなんて。

初めて見たのが神戸のチキンで…
たしか、最後にお見かけしたのは五條の鎮守の森こんさあとでした。
マイクの位置を調整した時に一言二言お話したのですが…
なにかこの…独特な雰囲気に圧倒されたのを今もおぼえています。

札幌にいると僕が一人で泣いている感じなのですが…
大阪や京都や神戸の街は今頃悲しみに包まれているのでしょう。
関西なら、どこかしらで共感できる人々に会えるのでしょうが…

あぁ、俺はなぜ札幌なんかにいるのだろう。関西に帰らなくては!
思わずそんな気持ちになりました(泣)

まだ信じられないのですが…
ニュースで流れているのを見て、嘘じゃないんだと泣きました。

今日は憂歌団聞いて飲みます!
憂歌団は青春でした!
思い出せば言葉は尽きないのですが…

ありがとうございました、島田さん。
お疲れ様でした、島田さん。そして安らかに。

島田さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この記事へのトラックバック