YOKOHAMA MEETING VOL.20

画像
先日7/11横浜THUMBS UPでのYOKOHAMA MEETING VOL.20"内田勘太郎ソロデビュー15周年記念YOKOHAMAライブ"は沖縄に引き続きおかげさまで満員御礼、大盛況で幕を閉じました\(^o^)/いらっしゃってくださった皆様に感謝しております!!ありがとうございました!!

1部は勘太郎エレキギターで、ベースの金城浩樹さん、パーカッションの斉藤ノヴさんとのトリオ。「ブリージン」から軽快に始まり、勘太郎トリオ時代の曲を中心にお届けしました。ドラムでないパーカッションでのトリオはドラム編成とはまた味わいが変わってちょっと大人の落ち着いた感じ。同じ曲でも雰囲気やグルーヴ感が全然変わるので面白いですね~♪パーカッションでの「暴風波浪警報」はある意味チャレンジのようにも思われましたがさすがはノヴさん!問題なし!!食い入るようにステージにのめり込ませていただきました!

休憩を挟んで2部はアコースティックで、まずは勘太郎ソロコーナー。「引き潮」「スターダスト」のスタンダードナンバーや勘太郎バージョン「おそうじオバチャン」をお楽しみいただき、ここで木村充揮さんを呼び込み!!会場は一層盛り上がり、何が始まるかお客様達がワクワクしているのが手に取るように見えてスタッフとしてはとても嬉しく面白い光景でした!「サマータイム」から渋く始まり、憂歌団の曲、新曲と盛り沢山♪本編最後は「嫌んなった」で締めくくり。会場からは即座に熱いコールが巻き起こり、出演者4名皆、勘太郎グッズTシャツで登場!木村さんの強烈な歌「カンザスシティ」で会場中更に大盛り上がり!!熱い熱いアンコールの後は勘太郎一人で皆様へのお礼の気持ちを込めて「美らフクギの林から」を演奏。会場中からの熱い拍手に包まれながらめでたく幕を閉じました。

まだ15年か!?と語る勘太郎。しかしこの15年、色んな事がありました。たくさんの皆さんに支えられての15年。皆さんへの感謝の気持ちを忘れずにこれからももっともっと自分の音楽を突き詰めていきたい!と意欲的な勘太郎です。皆さん、これからも末長く応援の程、よろしくお願いします!!

この記事へのコメント

ふじき
2013年07月13日 14:46
ソロデビュー15周年!
おめでとうございます・・・
勘太郎さんのギターを聴く度に凹み
その素晴らしさに引き込まれています。
これからも進化つづけてくださいね。
心より応援しています  シ(゙・ョ・)ン

この記事へのトラックバック