テーマ:昔話

勘ちゃんのひらいもんち-28

ギター事始めの何処かで書いた中学の時の友達の話。大阪でのライブの時夫婦で来てくれて、「僕や、分るか?」と云われ、しばらくの間のあとシュウッと13,4の時の彼の顔が現れた親友と云って良い仲の友達。ずっと思い出す事も無かったのだが何て云うのかな、普段は考えずにいても歴史上の出来事の様に歴然として在るって感じかな。思えば水道の水やジュース、牛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち-22

今日は久し振りに那覇に出掛けた。珍しく国際通りにも行ったので、ふと思いついて三越デパートに行ってみた。目指すは勿論地下の食品売場だ。おう、沖縄のスーパー等ではめったに見る事の無い魚が色々有る。銀ダラ、国産かれい、博多名物おきゅうと迄有るではないか。さすが三越と思いつつ続々購入。銀ダラは味噌漬けにしよう。 この銀ダラ、私の居た関西では知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち-20

近所の乾物屋で見掛けて思わず買った鳴門わかめ。わかめは福島県いわき産の厚めで柔らかく、なおかつ歯ごたえの良いのをいつも備蓄してあるのだが、ここんとこ少々心細くなっているのと懐かしいのも有り購入したのだ。西国で育った私に取って上等わかめと云えば鳴門わかめ、永らくお世話になったのを今更のように思い出した。 そう云えば子供の頃、家族旅行で淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー8

私が子供の頃住んでいた町では、暖かくなると毎週の様に夜店が出た。お寺さんにも神社にも関係無さそうなので縁日ではないようだ。小学生の時、仲良しのオケラやイノウエ君と連れ立って行ったものです。父親が居る時誘うと満更でも無い様子で一杯機嫌の父とぷらぷらと出掛ける。私はスマートボールやパチンコ等が目当てである。一応父は付き合ってくれる。色々見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー7

あれは90年前後だったかな、80年代の終りか90年代初頭。昔関係していたユーカ団で佐世保の米軍基地に行ったのだ。慰問や将校クラブ出演では無く年に何度か基地を開放するフェスティバルであった。まぁ住民への機嫌とりみたいなもんですな。案外フェスティバルの費用は我々の税から出てたりして。ま、そこでギャラもらって来た私が云うのも何なのだけれど..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー5

大阪はラムネ発祥の地であるらしい。それ有るか有らぬかローカルな地場ソフトドリンクが色々子供の頃あった。全国的なところでは「みかん水」5円也。量は少ないが私にとっては美味しく瓶にも味わいがあった、ような気がする。リボンちゃん、リボンジュースですよのリボンジュースやお早うチンパン君(TV番組)のバヤリースオレンジは自力では無理なよそ行きの飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー4

大阪梅田お初天神近くに春雨と云うお店が在る。私が行き始めた20歳前後の頃、春雨は木造の二階屋だったように思う。そう大きなお店でも無いのだが、一階のカウンターの中には板前さんが数名、階段をとんとんと上がると横長のカウンターの中にお姐さん達が数名。割烹料理を手軽な値でといった感じのお店のようであった。私の好物かやくご飯も有り嬉しい店だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー3

今日のブツは父親から譲り受けたと云うか無理矢理我が物にしたと云おうか、そんな品であります。 父は第二次世界大戦の折、旧満州(現、中国)で戦争していたのです。戦争ですよ。ものすごい事をやっていたんですな昔の人は。未だに世界の何処かでそんな事をしていると云う、人類ってもんのすごいですなぁとしか云えぬ。通常ならば誰しも嫌がると思うのだが..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー2

高一の時だか高二の時だったか暑い暑い昼下がり、学校を抜け出して附近をぶらついていた私。ふとガラクタが積み上げてある場所が目に入った。よくよく見ればそのガラクタもそれなりに見所の有るガラクタなのだった。眩しい表から見ると中は洞窟のようだ。これは何かを商うお店だと判断したので中に入って見た。頭上には沢山のランプがぶら下がり壁には振り子式の時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勘ちゃんのひらいもんち ー1

ギター事始めを長く書いていたら癖がついてしまったようで何だか手持ち無沙汰な午後のひととき。又、ちょいとお邪魔しようかなと「ひらいもんち」を始めようと思います。ひらいもんちとは博多の言葉で、子供が良いものを拾った時なんかに使うらしいのです。でも私がそう思い込んでいるだけかも知れん。色んな所に行く事の多い私、時折手に入れて喜んでいる物の事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め101

花岡君の小学校に転校生がやって来た。宇宙人みたいでおもろい奴やからと見に行ったらキムラ君だった。中学時代、二人の近所の肉屋の向かいからドカドカドラムの音がする。これが島田君だ。そして島田君とキムラ君は偶然同じ高校に進学する。私はそこで会ったのだ。偶然が重なって、いや1コの偶然が有れば必然と化すのが当然か。ま、色々あって4人で演奏しだした…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ギター事始め100

私が音楽に魅かれたきっかけは何だったろう。自分で覚えが無い程幼い頃、親族の寄り合いが有ると高い所にのぼっては水原ひろしの黒い花びらを熱唱していたらしいのだが。多少意識して音を聞き出した頃、世の中に流れている曲はどれもピンと来ない。耳をそばだてたのは三橋美智也くらいか。そんな時、ラジオから流れて来る洋楽には自分の生活に無い美やゴージャスを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギター事始め99

この2回ばかりファッションから250Kmばかり離れた私の恥ずかしファッション談義、さぞつまらなかった事でしょう。でもまぁ、こんなもんだから......。そうそう高校生の時スリムのジーンズを履いた私を見て親父がこう云った。車曵きみたいなナッパズボン履いて、だと。車曵きは分りますね、人力車を曵く人ね。確かにスリムなボトムです。ナッパズボンは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ギター事始め98

ビートルズが世に知られ出した頃、小学校高学年だった私はとてもかっちょ良く思い坊ちゃん刈りの髪を伸ばす等してみた。彼等の服装も信じられない位格好良いと思っていたが私の行動範囲にそんな感じの人はいない。マンボズボンと云うピタピタに細いズボンを履いた人さえ見た事がない。盛り場に行けば流行に敏感なお兄さんお姉さんが居たのだろうか。それとも東京に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め97

昨日のお話の続き。高校生の私にとって厚生年金ホールはまことに大層な存在。だって外国からやって来たロックの人達が使う様な所なのだから。ま、それは大概大ホールだけれど、中ホールだって充分凄いのだった。当日アンプ等は持ってないのでグレコのレスポールモデルを提げて赴いた。楽屋口から入る知恵等は無く表の開いてる扉を捜して守衛さんに事情を話し入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め96

高校卒業前後の事。厚生年金会館中ホールと云う大きな舞台で演奏出来る事に成った。高校生ロックサークルか何かがあったのか何だか良く分らないのだけれど、我々の高校の近くに私立の高校が在りそこの高校生バンドが卒業記念にコンサートをするってな事だった様に理解している。そんな事は当時とても珍しい事であります。会った彼等(主催のバンド)は勉強が出来そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め95

いつ人前でギターを弾いたのか。高校生の時であるのは間違いない。中学の時は引っ込み思案やったでなぁ。キムラ君達と演った文化祭の時かと思っていたが良ぉく考えてみるとそうでは無かった。しかもキムラ君とやったのでも無い。今、久留米でお坊さんをしているK君が詩の朗読をし、水道屋の親方を父に持つF君がアップライトベースを弾き、私がギターを弾くと云う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め94

今日沖縄尚学と天理の試合を観ていたら私に似合わぬ高校時代のクラブ活動を思い出した。まえに書いた事が有ったと思うが運動が苦手な私、何をとちくるったか自分をチェンジしたかったのかクラブに入ったのだ。それも団体競技で人の足を引っ張るのはつらいので個人的なヤツね。 高校一年生、知り合ったばかりのキムラ君がクラブ見学に行こうと誘う。まぁ見るだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め93

丼ものと云って先ず思いつくのはカツ丼である、私はね。ま、理想的なカツ丼には中々出会えぬのであるが。天丼てのはねぇ、西国で育った私に余り馴染みが無い。天とじ丼なら分るよ。高校の近所の力餅食堂でしょっ中食べてたし。もう40年近く前から行ってるんだけど今も健在で味は変わらぬ。立派だと思う。最近は何のせいか知らないが親子丼に興味が増して来た。昔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め92

この間ひとのライブにギター弾きにおいでと云われて行ったのだが、楽屋に一人で居るのも何なので客席の友達の居るテーブルで水を飲みつつ(本番前は飲まないのだ)ステージを見ていた。するとその友人が、今からあそこに上がってギター弾くんでしょ、緊張とかしないの、と訊くのだ。こんな時に微妙な事訊いてから、と思いつつ考えた。緊張しない訳は無い。緊張しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め91

キムラ君は家業、島やんはデザイン事務所、花やんは大学と各々忙しい。私は暇だから天王寺近辺で知り合った人達と良く飲んでいた。メンバーの皆さんも各々の場所でつき合う人達が居た事でしょう。だが偶さか4人揃って飲む事も有る。普段自分から進んでは飲まなかった当時のキムラ君だが酒席に出て勧められれば辞する事無く良い調子になるのは常でありました。たま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め90

起きるとお腹がすくので寝ている。夏の陽が高く昇って部屋は暑い暑い。夕べから開けっ放しの窓からはそよとも風が入らぬ。それでも粘って寝ているゴーと私。時は70年代初頭、所はゴーのアパート旭荘の一室。一階の玄関、扉を乱暴に開けたてする音が聴こえ、どすどすと階段を上がって来る音がする。ぴくっ。ゴーも私も目を開ける。もう既に全身起きている。案の定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め89

今日は絃のお話でもしてみべえか。最初の兄貴が買って来たガットギターに鉄絃張ったようなギターの絃は何だったのでしょう。家で張り替えてた様子は無い。何せチューニングが狂ったら近所のレコード屋さんに持って行って調絃してもらってたもんな。絃も切れたらレコード屋さんに直行してそこで張り替えてもらってたのだろう。 さて、それから何年か経ってアイデ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギター事始め87

京都に「ひらぎのわかれ」って所が在る。字は忘れた。ちょいと郊外って感じ。私の記憶では地図上、上の左。北面というのかな。でも私の記憶だから良く分らんよ。京都産業大学が割と近くにあるらしく、そこの学生さんが住みがちな所だったような。その頃1973年頃は京の田舎って感じがした。町からそう遠いって訳では無いけどね。そこにMと云う知り合いが住んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め86

アイデアルのギターの事を書いていて連なって出て来たのが岐阜県中津川での録音の事であります。時は1973年、初代マネージャーFMさんの故郷中津川のさるお家で何曲か録音したのだ。とても良いお家のオーディオルームって感じだったと思うのだが。ついでにライブ等をした覚えは無いが、何日か滞在してのんびりしていた記憶はある。 そうだ、「すや」と云う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め85

ギター事始め34,35で書いた例の800円アイデアルギターは何処へ行ったのか。そう、私の手元には無いのだ。その頃、キムラ君は17,000円也でチャキP-1のギターを購入していた。ちゃんとした楽器屋さんで定価25,000円のが棚卸しセールとかで安くなっていたと云う。みんなが持ってる様ないわゆるフォークギターに興味が無かった彼は迷わずそれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め84

昨日名古屋の作詞家テロと電話で話した。随分にぎやかな所に居るのね、と云えば、今、競馬場だと答えた。馬すじ煮込みカレーを思い出した。いやね、4月にライブで名古屋に行くもんでさ、その時お世話になろうと云う電話だったのよ。 あれは何年前だったか、久し振りのソロライブを名古屋で演った。夜の事、軽く打ち上げして本日のお宿であるテロさん家へ行くと…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ギター事始め83

天気が悪く何だか寒かった沖縄もやっとあったかくなった。春宵というより夏の日暮れ刻って趣きの或る日、この時期恒例の「とう菜漬」が届いた。富士のすそ野御殿場からの春の便りなのだ。ユーカ団の後期ローディーを務めてくれたテツオ君が今は故郷に帰り義理堅くも毎年送ってくれるのだ。彼はギターテクとしても優秀で重宝させてもらっていたものです。ONするか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ギター事始め82

尾関ブラザーズの曲、テロと作った曲、ずっと演ってたアメリカのブルース。アルバム一枚分の曲が録れた。ベースの花やんはこの時フレットレスを弾いていたな。島やんと二人のリズムは重々しくキムラ君の唄とギターも素晴らしい。今聴いてもシンプルで力強い音はアライさんのお陰である。ま、私のギターは何か直線的でな、柔軟さがもっと有れば良いのだが.....…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギター事始め81

レコーディングは快調なペースで進んで行った。私に関して云えば勿論より良くプレイしたいのだが、その目指す所が分らないと云うか出来ないと云おうか、どこ迄行けるのか分らず、全員せえので演ってる事でもあり、まぁ良い感じかなって処で良しとする。後でギターだけダビングして差し替える知恵も無く、ブース無しで録っているので音の回り込みが有り出来なかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more